全圧連の動き(平成28年度)

■総合継手集団を目指して〜求められる継手会社になるには〜

平成29年1月11日
中日本圧接業協同組合 理事長 嘉藤 裕一
中日本圧接業協同組合
理事長 嘉藤 裕一

この度、昨年春より寺崎前理事長より引き継ぐこととなり、見た目からして一歩引かれる方々もいらっしゃるかもしれませんが、継手に関する熱い思いは誰にも負けていないと自負しております。私が社長就任後から新しいことにチャレンジすることを恐れずひたすら前進あるのみと思い、様々な失敗を繰り返してきました。顧客のニーズ最優先と思い、お話があればどんな継手でもチャレンジしてきました。パイプ圧接、フラッシュバット工法、フレア溶接、新NT工法、自動ガス圧接、基礎エース作成等、様々な工法にチャレンジしてきました、その知識と経験は今施工させていただいている様々な工法に生かされていると思います。

先代の社長からは「俺の目の黒いうちは圧接以外やらん!」と言われたこともありました。 今となっては顧客のニーズも様々で多種多様な継手が適材適所で使われております。その中で、自社が継手をどう売っていくのかと考えたとき、顧客のニーズに応えるだけでなく、どこに、どの継手を使用したら生産性が向上するのかをゼネコン様へご提案できる受注スタイルの確立や、多種多様な継手に対応できる柔軟さが求められているのではないかと思います。 品質コストを語るのは当たり前の時代に、いち早く他社との差別化を図り、自社に合った営業スタイルや、工法の選定を行うべきではないでしょうか。とは言え、一社独占出来るわけもなく、今後は組合員の横の繋がりをより一層強め、中日本圧接業協同組合の組合員は柔軟な総合継手会社へなるべく一丸となり、技術協力や営業協力のできる組合にしていきたいと思います。自社でいくら優秀な技術や知識を有していても多勢に無勢では打ち勝つこともできません。組合一丸となる事で、より強固な総合継手会社の集団となっていけたらと思います。

溶接継手は品質が不安定、機械式継手はコストが高い、定着板はトータルコストが高い、天然ガス圧接は環境性能しかアピールできない等、継手の欠点を語るのではなく、天然ガス圧接は品質が安定しコスト削減につながる、定着板は構造部全体の強度が増す、機械式継手は施工にあたって導入コストが安価で、管理方法を確立できれば継手業者へ別発注する有効性を売りにできると考えたほうがより今後の会社運営にも幅が持てると思います。

最後になりますが、直面している若年従業員の雇用促進のため、他団体、ゼネコンのネームバリューを駆使して、継手業界の若返りも大きな課題の一つと考えております。

様々なビジネスチャンスはすぐ目の前に広がっています。そんなチャンスを見逃さず、様々な方向にアンテナを向け、中日本圧接業協同組合の組合員の皆様に有益な情報提供と相互発展していける組合を作っていきたいと思いますので、若輩者ですが皆様の御協力のもと頑張って参りますので、何卒暖かいご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ▲

■圧接の基本に立ち還って

平成29年1月11日
技術・品質保証委員会(SD490太径鉄筋技術講習委員会) 委員長 宮口 茂樹
技術・品質保証委員会(SD490太径鉄筋技術講習委員会)
委員長 宮口 茂樹

全国圧接業協同組合連合会では(公社)日本鉄筋継手協会SD490ガス圧接技量試験方法検討小委員会で作成したSD490ガス圧接作業標準に基づき座学と実技を含めた技能講習を平成26年より3年に渡り開催してきた。その目的はSD490のガス圧接において圧接面破断は勿論HAZ破断を無くすための研究である。

平成26年度は火炎の状態、バーナーワーク、アップセット方法、仕上り形状寸法、接合のタイミング等D38における圧接方法の基本を固めることができた。

平成27年度は、当初から26年度より課題となっていた1R還元炎による集中加熱時の垂れの問題を残していたが、更にD38からD41へ鋼径を拡大したことにより新たな問題としてD38では見掛けなかった外周部のフラットが頻繁に発生した。この原因究明に大変てこずり平成28年度まで持ち越した。

平成28年度は鋼径をD51まで拡大した。外周部のフラットはD51になると一層深刻になった。原因究明に総力をあげて取り組んだ。一般的にフラットは密着工程時の端面の酸化が原因となる。火炎の状態、バーナーの端面からのはずれ、バーナーチップの方向等が原因となる。しかし、そのような要因を十分チェックした試験片でもフラットが発生した。長く圧接に携わって来たがこの壁は厚かった。指導員と共に長い時間議論百出した。意見が行き詰ったとき、城南ガス圧接の小林誠治氏の提案が問題を解決した。「敢えて破面試験のスリット方向を変えてみましょう」これは圧接の勉強をしている人なら解かるが常識ではなかったからだ。早速、確認実験を行う。結果、どの方向からのスリットでも外周部にフラットがあることが分かる。中心部以外の外周部全域に完全な接合状態ではない部分が存在していたのだ。 小林氏のひらめきで全てが解明した。26年度から未解決であった垂れを嫌うあまり初期の密着工程時のアップセット不足による接合不良である。所定の縮み量が経過するまでは幅焼量を大きくせずに、端面潰しを行えばフラットは消滅する。SD345では起きなかったこのような問題はSD490の特異性なのだろうか。

沖縄(9月25日)
沖縄(9月25日)
関東(10月3日)
関東(10月3日)
西日本(10月23日)
西日本(10月23日)
中日本(10月30日)
中日本(10月30日)
関西(11月6日)
関西(11月6日)
北海道(11月13日)
北海道(11月13日)

D51の圧接では更に気になった点があった。バーナーの加熱能力不足である。D51の圧接において加熱は続けているが鉄筋の昇温が止まり飽和状態となっているケースが多い。明らかにバーナーの能力不足である。アップセットを行うと圧接部の鉄筋温度は降下する。不十分な加熱状態を続け我慢しきれずアップセットを行うと規定下限値に達していても温度不足の圧接となる。バーナーの加熱能力や適正性能についても今後の検討課題と考えている。

3年間にわたり延べ390名が講習会に参加した。その成績はSD490各サイズで圧接面破断もHAZ破断も無く全数合格者は90%以上である。不合格者については複数本の破断があり、定められたSD490の施工要領で忠実に圧接できていない参加者であった。そこで全圧連ではこの成果を二つの理由から形に残したいと考えている。SD490は圧接が出来ないものと既に結論付けているユーザー関係者にもう一度見直して頂くこと、もう一点は圧接技量資格者が自覚と責任及びプライドを持って施工に当たってほしいからである。詳細ルールは今後定めて行くがSD490の圧接技量が備わった技量者を厳正な審査のうえ認定し、社会に送り出したいと考えている。この認定は全圧連の御手盛り資格ではなく(公社)日本鉄筋継手協会等、第三者にも御協力をお願いしたいと思っている。

終わりにあたり次に機会があったなら、圧接後の熱処理、熱歪み割れ、圧接部の残留応力の影響、冷却コントロール等に焦点をあてた実験をしてみたいと思う。更に熱影響部専用の非破壊検査法の登場も期待したい。私自身もこの講習会に参加して忘れかけていたガス圧接の基本に立ち戻るよう導かれた気がする。

3年間講習会に参加協力していただいた圧接会社関係者、技量者の皆さん、指導員の皆さんにこの紙面をお借りして感謝とお礼を申し上げ最終報告とします。

ページトップへ▲
全圧連の動き

平成28年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

平成18年度

平成17年度

平成16年度

平成15年度

平成14年度

平成13年度