登録圧接基幹技能者とは

登録圧接基幹技能者

全国圧接業協同組合連合会(略称:全圧連)「登録圧接基幹技能者講習事務規定」に基づき、全圧連が実施する登録圧接基幹技能者講習を受講し、資格試験に合格した者に対する称号です。

登録基幹技能者制度

基幹技能者制度は、平成8年に専門工事業団体による民間資格としてスタートしましたが、平成20年1月に建設業法施行規則が改正され、新たに「登録基幹技能者制度」として位置付けられることになりました。

同年4月以降に国土交通大臣が登録した機関が実施する登録基幹技能者講習の修了者は、登録基幹技能者として認められ、経営事項審査においても評価の対象となりました。

登録基幹技能者の役割

  • (1)現場の状況に応じた施工方法等の提案、調整等
  • (2)現場の作業を効率的に行うための技能者の適切な配置、作業方法、作業手順等の構成
  • (3)生産グループ内の技能者に対する施工に係る指示、指導
  • (4)前工程・後工程に配慮した他の職長との連絡・調整

登録圧接基幹技能者の役割

登録圧接基幹技能者講習会

受講資格は次の用件をみたしている者
(1)以下のいずれかの技量資格を有する者
  • ① 公益社団法人日本鉄筋継手協会が行う技能検定試験による手動ガス圧接技量資格3種又は4種
  • ② 公益社団法人日本鉄筋継手協会が行う技能検定試験による高分子天然ガス圧接技量資格3種又は4種
(2)鉄筋ガス圧接工事の施工現場において10年以上の実務経験のある者
(3)鉄筋ガス圧接工事の施工現場において3年以上の職長経験のある者
詳細はこちら

登録圧接基幹技能者資格更新講習会

この講習会は、登録圧接基幹技能者講習修了証をお持ちの方が、資格更新のために受講する講習会です。

詳細はこちら